パティシエ・ヒロのHISTORY

コンクール(2)

今回はコンクールエピソード2「おおっ上位入賞か?!」をお届けいたします。

前回に引き続きコンクール話しですが、お手伝い出品から少し成長しまして、 今回はデザインから製作まで猫の手も借りず一人で作りあげました。
ちょうど18から19になる頃に神戸でコンクールが開催され そこに出品する為に約2ヶ月間努力した模様です。
ではVTRをご覧下さい・・・・・・。

無い。

失礼しました。

まず、コンクールの作品作りはデザインから始まりデッサンをして概略を イメージする訳ですが、一番の悩みの時でもあります。
製作時間の数倍もデザインの考案に時間を要し、毎日毎日デザイン の事ばかり考えて、ストレス三昧。
幸い抜け毛は無かったのですが、体重激減・・・。
ダイエットにな悩んでおられる方には是非お勧めしたいものです。

デザインも決まり、いざ製作に入ると案外スムーズに進み 順調な仕上がりでした。
一つ一つ細かいパーツを作り、更にそのパーツを組み上げて 形を作り上げて行きます。
例えば、花を作る場合は花弁を一枚一枚透き通るくらいまで薄く延ばし 少し膨らみを持たせて一晩乾燥させます。
翌日は花弁に食用色素をエアーブラシを使って一枚ずつ グラデーションを掛けて着色します。
着色が終ると、今度は雌しべ、雄しべの芯を糸のように細く延ばして 作り上げます。
と、まぁこんな風に作るのですが、花一輪作るのに3~4日かかってしまいます。

ちょっと真面目になってしまい笑いが取れなくてすみません。

さてと、本題に入ります。

時間と共に順調に作品が仕上がり、大体の形(芸術的)が出来上がった頃先輩達に

「おっ、なかなかえ~やないか」

「お前センスあるの~」

「これ、ひょっとしたら上位入賞できるかもしれんの」

流石にここまで褒められると超有頂天!!!!
この後悲劇が再び待っていました。

少し話しがそれますが、この作品作りの時、日本調理師専門学校の林先生も 作品製作があったので中ノ島の学校で時々一緒に製作しておりました。
勿論別々の作品なのですが。
その先生とは今でも交流があり小生「イヨちゃん」と呼ばれております。
その先生とは多分皆様ご存知の林繁一先生ですよ。
あの探偵ナイトスクープにも出演されたりしている・・・・
西川きよし師匠の娘さんとご結婚された・・・・・
以外と知られていない事実でした。

またまた話しを戻して 記念すべき第一号の作品は先輩たちの絶賛の元 神戸会場への搬入を明日に控え最後の仕上げを行っていました。
入賞して・・・・名前を呼ばれて賞状を貰いに壇上へ・・・ ふふふ。
深夜ニヤニヤと一人で想像を膨らまし楽しんでおりました。

満足のいく仕上がりに惚れ惚れし、残すところ箱入れだけとなりました。
特に何も考えず箱入れの作業に移ったのです。

・・・・・・・・・・

「あれ」

「なんか下が引っかかってるわ」

「よっっっ。」

「ズズッ・・・ズッ」

ずれる効果音・・・・

その瞬間悪夢のような出来事が起こりました。

「バシャ!ッ・・・・ガタン・・・・・・・・・」

そ、そ、想像通りです。

出来上がった作品のメインの飾りが、移動の衝撃で、フレームから外れて落下!

「あっ・・・・・」

言葉を失い、眠気は覚める

「$#&$(’*■=U)%&・・・・・あ゛~~~~~~っ」

「夢であってくれ」

深夜誰も居ない静かな厨房に響き渡る衝撃の叫び声でした。
冷蔵庫のコンプレッサーだけが空しく慰めてたはずです。

「あと4時間しかない・・・・」

諦めるどころか、悔しくて悔しくて、落ちたパーツを拾い集めて組み直し。
うっすらと外は明るくなり、チュンチュンと雀の声・・・。

「雀の手を借りたい・・・・・」

そんな思いの中ひたすら 諦めるな!諦めるな!と自己暗示を掛け 何とか出発までに間に合いました。 がっ、作品は元の状態には勿論戻る事なく出品。

そのあと予想通りの展開に・・・・・・
きたきたきたきたっ。 先輩達です。

「お前・・・・あほか。」

・・・・・・・・・・・・・・・・。

「お前寝とったんちゃうか?」

・・・・・・・・・・・・・。

「ようここまで壊すの~。」

「どなにしたらここまで壊せんねん」

「やっぱ、アホやわ~。」

はいその通りです。

「まぁ世の中そんなに甘ないわな・・・はははは」

そら、そうですけど、あの褒め殺しの後はやはり、どん底ですね。

上位入賞は今回残念ながら逃したものの 努力の甲斐あってか7位入賞となりました。
関西地区からのエントリーですから、まぁまぁってとこですね。
次回こそ上入賞だ! このことをきっかけに学びました。

作品は前日には弄らない。・・・・・・・。

そう心に誓った。

コンクールの賞歴はダラダラ語ると嫌な自慢話になってしまうので サクサクっと一部ご紹介します。

毎回壊した訳ではないです。

西日本洋菓子コンテスト 工芸の部        2位
西日本洋菓子コンテスト デコレーションの部B 1位
全国洋菓子技術者コンテスト第2回大会     6位
全国洋菓子技術者コンテスト第3回大会     5位
四国ブロックコンテスト             上位多数

今はコンテスト出品も引退して若手の指導に当たっていますが、 次の目標としては、「食」から離れてみた作品を県展などに 出品してみたい・・・・・・・・な~と考え中です。

次回は「ヨーロッパ修行の旅」に突入です。